認知症相談ナビ

認知症のご本人とご家族の笑顔と
生活を支えたい情報サイト

■監修者
順天堂大学大学院医学研究科 精神行動科学教授
新井 平伊 先生

認知症の生活への影響は? 生活の質を低下させる症状

中核症状とBPSD(どうしてBPSDが起きるのか?)

BPSDを知りましょう

 認知症の症状には、すでに話したことを忘れて何度も同じ話を繰り返したり、いつもの散歩道で迷ったり、正しく服を着られないといった、脳の機能が障害されることで起きる「中核症状」(かならずみられる症状)とそれにともなって出現する「周辺症状」があります。周辺症状は「認知症の行動・心理症状」(BPSD)とも呼ばれ、下図のようにさまざまな症状があります。中核症状以上に本人の生活の質を低下させ、介護者の大きな負担となりますが、中核症状とは異なり、BPSDはできるだけ早期に適切な治療をおこなうことで症状を軽減させることができます。

周辺症状(BPSD)

BPSDは「本人の心の表現」です

 認知症になり記憶を始めとする認知機能が障害されると、日常生活に支障を来すようになります。しまったはずの場所に財布がみつからなかったり、以前はできたことができなくなったりして、自分の認識と周囲の反応に食い違いが生じ、不安やいら立ちを感じるようになります。認知症の初診時に家族から「以前より怒りっぽくなった」「イライラすることが増えた」という訴えが多いのもこのためです。さらに、「なにやっているの」「また忘れたの」といった周囲の言葉で自信を失い、不安、疎外感、いら立ちなどを募らせて多くのBPSDが引き起こされます。もともと怒りっぽい人はイライラしやすくなったり、内向的な人はうつ症状が出たり、BPSDの現れ方には病気になる前の本人の性格も関与していると考えられます。

BPSD 本人の認識