認知症相談ナビ

認知症のご本人とご家族の笑顔と
生活を支えたい情報サイト

■監修者
順天堂大学大学院医学研究科 精神行動科学教授
新井 平伊 先生

認知症治療で期待できることとは?  いつまでも住み慣れた環境で暮らしたい

主治医との上手なコミュニケーションのために

 主治医の先生が病気の進行具合と治療効果を判断する上で、ご家族の日々の観察はとても貴重な情報源です。別項の「目に見える効果」に加えて、できなくなったことや症状の変化があれば、メモにまとめておくとスムーズに伝えることができます。受診時に受付で渡して目を通してもらうとよいでしょう。