認知症相談ナビ

認知症のご本人とご家族の笑顔と
生活を支えたい情報サイト

■監修者
順天堂大学大学院医学研究科 精神行動科学教授
新井 平伊 先生

認知症とは?もしかして認知症・・・?と思ったら

仲間とつながろう(認知症の人と家族の会など)

 認知症介護者は孤立してしまいがちですが、経験を分かち合える仲間がいることを知っていますか。それは家族会です。夫・妻、息子・娘、婿・嫁など、さまざまな立場で介護している(してきた)人たちと経験を分かち合うことは、きっと大きな心の支えになります。
 例えば、公益社団法人「認知症の人と家族の会」は47都道府県に支部をもつ全国組織の家族会ですし、各地にさまざまな家族会があります。仲間から地域の医療や介護に関する貴重な情報を得ることもできます。
 また、担当のケアマネジャーだけでなく、ヘルパーや訪問看護師などの専門職といつでも気兼ねなく相談できる顔なじみの関係を築くことも大切です。