認知症相談ナビ

認知症のご本人とご家族の笑顔と
生活を支えたい情報サイト

■監修者
順天堂大学大学院医学研究科 精神行動科学教授
新井 平伊 先生

認知症治療で期待できることとは?  いつまでも住み慣れた環境で暮らしたい

治療薬の種類

 現在、わが国で使用されているアルツハイマー型認知症の治療薬には4種類あり、脳の中でどのように働くかによってコリンエステラーゼ阻害薬(3種類)とNMDA受容体拮抗薬(1種類)の2つに分けられます。

認知症治療薬の働き

コリンエステラーゼ阻害薬
 アルツハイマー型認知症では、脳の中のアセチルコリンという神経伝達物質(神経細胞の間を往き来して情報を伝える物質)が少なくなることが知られています。この薬はアセチルコリンを分解してしまうコリンエステラーゼという酵素の働きを抑えることでアセチルコリンの量を増やす働きがあります。現在、3種類のコリンエステラーゼ阻害薬がありますが、構造式が違うので、体内に薬が吸収・代謝されて排泄されるまでにそれぞれ違いがあります。

NMDA受容体拮抗薬
 NMDA受容体はグルタミン酸という神経伝達物質の受容体の一つです。アルツハイマー型認知症が進行すると、グリア細胞が増加してグルタミン酸の放出が増えることなどによりNMDA受容体の活動が活発になり、神経細胞が障害されてしまいます。NMDA受容体拮抗薬はこの受容体の働きを適度に抑えることで神経細胞へのダメージを減らす働きがあります。

コリンエステラーゼ阻害薬とNMDA受容体拮抗薬の使い分け

 認知症は進行性の病気で、障害の程度によって「軽度」「中等度」「重度」に分けられ、それに合わせて治療薬が選択されます。認知症治療の基本となる薬はコリンエステラーゼ阻害薬で、軽~重度に使用されます。中等~重度ではコリンエステラーゼ阻害薬とNMDA受容体拮抗薬を一緒に使うこともあります。